活動紹介

HOME > 活動紹介 > 海外福祉機器展視察(ドイツ)

海外福祉機器展視察(ドイツ)

ドイツ(デュッセルドルフ)で行われている世界最大規模の福祉機器展「リハケア」

出展している皆が、すごく誇らしげで楽しそうにしていたのが印象的でした。自分達の作ったものを買ってくれ!ではなく、カッコいいだろ!すごいだろ!面白いだろ!と褒めてくれとの言葉を多く聞きました。日本での福祉機器展はどうしても商売がベースになっているので、また全然違う雰囲気で、まるでお祭りの様でした。自分達もそういう雰囲気で展示会に臨める様に自分達の仕事をもっともっと楽しんで誇りを持っていきたいと思いました。

このイベントに参加する為、初めてヨーロッパを訪れました。帰国後、自分達の仕事への考え方、モノづくりのあり方、目指したいモノへの意識が確実に変化したのを感じました。狭い世界しか知らなかった僕たちにはそれはすごく大切な事です。この経験を糧に、日本のユーザーに少しでも還元する事が出来る様に取り組んでいます。